こひつじ文庫 12月のおすすめの本 テーマ「クリスマス」

12月ですね。
こひつじ文庫のおすすめの本のテーマは、ものがたりの中のクリスマス

クリスマスのシーンが出てくるものがたりをあつめてみました。
どれもこひつじ文庫にある本です。

あなたのとっておきのクリスマスのシーンはどんなですか?
ことしも、きょうかいでクリスマスを見つけてみませんか?

“こひつじ文庫 12月のおすすめの本 テーマ「クリスマス」” の続きを読む

こひつじ文庫のクリスマス 2019

みなさん、ことしもうれしいクリスマスの時期(じき)がちかづいてきましたね。

こひつじ文庫ではことしもクリスマス会をします。

おはなしを聞いたり、
クリスマスの工作をしたり、
のみものといっしょにおかしをたべたり、

そして、少し暗くしたへやで、ろうそくに火をともして、
キャンドルサービスをするよ。
イエス様のおたんじょうをおいわいするれいはいのことなんだ。 “こひつじ文庫のクリスマス 2019” の続きを読む

こひつじ文庫 9月・10月のおすすめの本 テーマ「庭でなにかがおきている」

こひつじ文庫おすすめの本
テーマは「庭でなにかがおきている」

9月と10月は、こんな本をおすすめします。
テーマ「庭でなにかがおきている」

みなさんは「庭(にわ)」ときくとどんな庭(にわ)を想像(そうぞう)しますか?
ちいさな庭、おおきな庭、がっこうの庭、うらの山がわたしの庭・・・

いろんな庭がありますね。
庭ではどんなことがしたいかな。 どんなことが起こるかな。
ぼうけん? お花をそだてる? どろあそび? しぜんかんさつ?

絵本や本の中の庭をのぞいてみませんか?

みしのたくかにと 松岡享子さく 大社玲子え こぐま社
うえきやのくまさん フィービ、ジョーン・ウォージントン さく
まさきるりこ 訳
福音館書店
おとうさんの庭 ポール・フライシュマン 文
藤本朝巳 訳
バグライム・バトゥリーン 絵
岩波書店
庭をつくろう ゲルダ・ミューラー 作
ふしみみさを 訳
あすなろ書房
ナシの木とシラカバとメギの木 アロイス・カリジェ 作
大塚勇三 訳
岩波書店

 

おじいさんの小さな庭 シャイドル 文
バーナデット 絵
ささきたづこ 訳
西村書店
校庭のざっ草 有沢重雄 作
松岡真澄 絵
福音館書店
トムは真夜中の庭で フィリパ・ピアス 作
高杉一郎 訳
岩波書店

こひつじ文庫おすすめの本

ほかにも庭にまつわる本があります。
さがしにきてね。

お母さん・お父さん、おうちの方へ

こひつじ文庫は3,500冊以上の絵本や児童文学をそろえ、赤ちゃんから大人まで楽しめる本の庭です。
阪急六甲駅から北へ徒歩数分のところにある神港教会のホールで、もうずいぶんと長いあいだ開いてきました。
図書館では借りられなかった本も、昔からの名作も、今は絶版になった珍しい本も、きっとすてきな出会いがあります。
お話会もしていますし、お子さんに読み聞かせていただく場所もあります。
ぜひ色々な絵本を手に取って、じっくり選びにきてくださいね。
クリスマスやイースター、夏休みなど定期的にイベントもしていますので、定期的にホームページをチェックしてみてください。