奏楽を学ぶ会 第3回演奏会「歌とオルガンで綴る聖書の世界」

「奏楽を学ぶ会」は、礼拝と音楽について定期的に学ぶ場として、2012年3月に発足しました。これまで68回の例会に加えて、特別レッスン、演奏会など、活動を重ねて参りました。この演奏会では、例会参加者によるオルガン演奏と、ソプラノの笠置雅子氏の歌、聖書朗読、そして皆様とご一緒に歌う讃美歌によって、聖書の豊かな世界を味わうひと時を共に過ごしたいと思います。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

<曲目>
G.フレスコバルディ    トッカータ
M.プレトリウス          神はわがやぐら
J.P.スウェーリンク      われらにみどり子生まれたもう、詩編116編
A.v.ノールト                詩編24編
V.リューベック    プレリュード ヘ長調
J.S.バッハ    喜び迎えん、慈しみ深きイエスよ
                    おお、汚れなき神の小羊   他

鈴木優人先生によるオルガンレッスン

2019年9月30日(月)18時~20時

演奏者:11月9日の演奏会の演奏者数名。聴講はどなたでもご参加いただけます。(要事前申し込み)

受講曲:

J.P.スヴェーリンク:詩編116編、「われらに幼子生まれ」

G.フレスコバルディ:トッカータ 第1集 第8番

J.S.バッハ:「喜び迎えん、慈しみ深きイエスよ」(BWV768)、「おお、汚れなき神の小羊」(BWV656)

聴講ご希望の方はhge10301@hcc6.bai.ne.jp へメールでご連絡ください。詳細をご連絡いたします。

こひつじ文庫 9月・10月のおすすめの本 テーマ「庭でなにかがおきている」

こひつじ文庫おすすめの本
テーマは「庭でなにかがおきている」

9月と10月は、こんな本をおすすめします。
テーマ「庭でなにかがおきている」

みなさんは「庭(にわ)」ときくとどんな庭(にわ)を想像(そうぞう)しますか?
ちいさな庭、おおきな庭、がっこうの庭、うらの山がわたしの庭・・・

いろんな庭がありますね。
庭ではどんなことがしたいかな。 どんなことが起こるかな。
ぼうけん? お花をそだてる? どろあそび? しぜんかんさつ?

絵本や本の中の庭をのぞいてみませんか?

みしのたくかにと 松岡享子さく 大社玲子え こぐま社
うえきやのくまさん フィービ、ジョーン・ウォージントン さく
まさきるりこ 訳
福音館書店
おとうさんの庭 ポール・フライシュマン 文
藤本朝巳 訳
バグライム・バトゥリーン 絵
岩波書店
庭をつくろう ゲルダ・ミューラー 作
ふしみみさを 訳
あすなろ書房
ナシの木とシラカバとメギの木 アロイス・カリジェ 作
大塚勇三 訳
岩波書店

 

おじいさんの小さな庭 シャイドル 文
バーナデット 絵
ささきたづこ 訳
西村書店
校庭のざっ草 有沢重雄 作
松岡真澄 絵
福音館書店
トムは真夜中の庭で フィリパ・ピアス 作
高杉一郎 訳
岩波書店

こひつじ文庫おすすめの本

ほかにも庭にまつわる本があります。
さがしにきてね。

お母さん・お父さん、おうちの方へ

こひつじ文庫は3,500冊以上の絵本や児童文学をそろえ、赤ちゃんから大人まで楽しめる本の庭です。
阪急六甲駅から北へ徒歩数分のところにある神港教会のホールで、もうずいぶんと長いあいだ開いてきました。
図書館では借りられなかった本も、昔からの名作も、今は絶版になった珍しい本も、きっとすてきな出会いがあります。
お話会もしていますし、お子さんに読み聞かせていただく場所もあります。
ぜひ色々な絵本を手に取って、じっくり選びにきてくださいね。
クリスマスやイースター、夏休みなど定期的にイベントもしていますので、定期的にホームページをチェックしてみてください。

説教「平和に過ごす決意と秘訣」岩崎謙 神港教会牧師(2019年8月25日準伝道礼拝)

マルコによる福音書9:38-50

38 ヨハネがイエスに言った。「先生、お名前を使って悪霊を追い出している者を見ましたが、わたしたちに従わないので、やめさせようとしました。」39 イエスは言われた。「やめさせてはならない。わたしの名を使って奇跡を行い、そのすぐ後で、わたしの悪口は言えまい。40 わたしたちに逆らわない者は、わたしたちの味方なのである。41 はっきり言っておく。キリストの弟子だという理由で、あなたがたに一杯の水を飲ませてくれる者は、必ずその報いを受ける。」

42 「わたしを信じるこれらの小さな者の一人をつまずかせる者は、大きな石臼を首に懸けられて、海に投げ込まれてしまう方がはるかによい。43 もし片方の手があなたをつまずかせるなら、切り捨ててしまいなさい。両手がそろったまま地獄の消えない火の中に落ちるよりは、片手になっても命にあずかる方がよい。44 (†底本に節が欠落)45 もし片方の足があなたをつまずかせるなら、切り捨ててしまいなさい。両足がそろったままで地獄に投げ込まれるよりは、片足になっても命にあずかる方がよい。46 (†底本に節が欠落)47 もし片方の目があなたをつまずかせるなら、えぐり出しなさい。両方の目がそろったまま地獄に投げ込まれるよりは、一つの目になっても神の国に入る方がよい。48 地獄では蛆が尽きることも、火が消えることもない。

49 人は皆、火で塩味を付けられる。50 塩は良いものである。だが、塩に塩気がなくなれば、あなたがたは何によって塩に味を付けるのか。自分自身の内に塩を持ちなさい。そして、互いに平和に過ごしなさい。

今年の6月に、大阪第一、在日大韓教会のソンナムヒョン牧師が、ご挨拶に来られました。ソウルのヨンセ教会から派遣された宣教師です。ヨンセ教会は、キム・ヨング牧師が開拓した教会で、現在の主任牧師はそのお孫さんで三代目の牧師です。実は、韓国で事業をしておられた桝富安左衛門兄が(1911年~1915年頃の当教会員)が、初代牧師のキム・ヨング先生を彼の神学生時代から物心ともに支えました。ソンナムヒョン宣教師は、桝富さんとヨング牧師との出会いがなければ、ヨンセ教会は存在せず、自分が日本に来ることもなかったので、昔桝富さんがいた神港教会を是非訪れたい、また桝富さん関係の資料があれば、見せてもらいたい、とのことでした。二人の出会いはヨンセ教会の教会史に記されているそうです。

日本と韓国の教会には、教会独自の結び付きがあります。日本の教会には、その中での特別な悔い改めがあります。日本と韓国が政治的にどのようになっていこうとも、わたしの思いでは、韓国の教会と日本の教会は、平和に過ごす間柄です。 “説教「平和に過ごす決意と秘訣」岩崎謙 神港教会牧師(2019年8月25日準伝道礼拝)” の続きを読む