説教 「空しさに打ち勝つ人生」岩崎謙神港教会牧師(2019年4月28日神港教会特別礼拝)

126 編 【都に上る歌】

5 涙と共に種を蒔く人は、喜びの歌と共に刈り入れる。
6 種の袋を背負い、泣きながら出て行った人は、束ねた穂を背負い、喜びの歌をうたいながら帰ってくる。

127編 【都に上る歌。ソロモンの詩。】

1主御自身が建ててくださるのでなければ、家を建てる人の労苦はむなしい。主御自身が守ってくださるのでなければ、町を守る人が目覚めているのもむなしい。
2 朝早く起き、夜おそく休み、焦慮してパンを食べる人よ。それは、むなしいことではないか。主は愛する者に眠りをお与えになるのだから。

“説教 「空しさに打ち勝つ人生」岩崎謙神港教会牧師(2019年4月28日神港教会特別礼拝)” の続きを読む

2019年受難週賛美集会のご案内

日本でもキリストの復活を祝うイースターの名前は聞かれるようになってきましたが、
そのご復活の日の前日までの一週間を「受難週」と呼ぶことはご存知でしょうか?
有名なバッハの「マタイ受難曲」などもこの期間に演奏されるために作曲されたものです。

神港教会では、毎年主の御苦しみを思い、その受難を通して与えられた
私たちの救いに思いを潜める目的で、毎年「受難週賛美集会」を開いています。

静かでおごそかなひとときを、私たちと一緒に過ごしませんか。

詳細は以下の通りです。
どなたでもお越しください。
お待ちしております。

日時:4月17日(水)19時~20時

「いと高き神よ、我が罪を消し去りたまえ」

聖書のお話:岩崎謙(神港教会牧師) 奏楽:岡田啓司

<演奏> ソプラノ:笠置雅子 アルト:栗木充代 ポジティフオルガン:松村美知子

<曲目>

J.S. バッハ「詩編51編」(BWV 1083)より “Wasche mich doch rein von Sünden” 他

 

 

案内チラシはこちら

「こひつじ文庫イースターお花見会」のごあんない

「春休み中のみなさん、桜の咲く庭で、たのしくすごしませんか?」

イエスさまのご復活をお祝いするイースターが近づいてきました。
ことしも、こひつじ文庫では、桜の花の咲く季節に、
教会の庭で、イースターお花見会を開きます。 “「こひつじ文庫イースターお花見会」のごあんない” の続きを読む